ライブカメラ

本文印刷

ライブカメラ

工事の様子を配信しています ライブカメラ 公開中   ライブカメラ 公開中

カメラの基本操作

基本操作

  1. 制御権取得ボタン9をクリックして、制御権を取得します。
  2. 制御権を取得するとカメラ制御状態ウィンドウ8が青色に変わり、制御できる秒数が表示されます(制御可能時間30秒から残り秒数をカウントダウン表示します)。
  3. 映像画面上でクリックすると、クリックした位置が画面中央にアングル変更します。

制御権について

制御権の取得はアクセス順です。待ち状態の場合は、制御権取得ボタン9をクリックしても制御状態ウィンドウ8がグレーのままで、制御権取得までの秒数(待ち時間)が表示されます。この時の映像は制御権取得者が操作している状態をそのまま表示します。
制御権が取得できるとインフォメーション領域12に「i制御権を取得しました」のメッセージ を表示し、カメラ制御状態ウィンドウ8が青色に変わります。30秒経過すると制御権は次のアクセス者へ移動します。

同時アクセス数制限について

同時アクセス数は最大30に制限しています。31アクセス目以降は映像を表示せず、インフォメーション領域12に「!ただいま混雑しています」のメッセージが表示されますので、しばらく時間を置いてからアクセスして下さい。

映像画面のサイズ変更について

映像画面のサイズは、640×480、320×240(初期状態)、160×120 の3種類です。 映像サイズ設定ボックス1、表示サイズ設定ボックス2を使ってサイズ変更することが可能です。

映像サイズ設定ボックス1
カメラからの映像受信サイズを設定します。お使いになっている通信環境によっては、 サイズを大きくすると映像表示が遅くなる場合があります。
表示サイズ設定ボックス2
画面上の映像表示サイズを設定します。表示サイズを変更すると画面の大きさが変わります。
映像サイズと表示サイズの関係について
映像サイズ = 表示サイズ--- 適正な画像
映像サイズ < 表示サイズ--- 画像が荒くなる(ぼやける)
映像サイズ > 表示サイズ--- より鮮明になる(シャープになる)

映像画面のサイズ変更について

一時停止/再開ボタン3
動画の表示を一時停止します。一時停止状態からクリックすると、再びライブ映像が表示されます。
再接続ボタン4
カメラに接続しなおします。
逆光補正ボタン7
逆光補正の入/切をします。映像が逆光で暗いときに使用すると効果があります。もう一度ボタンをクリックすると解除されます。
可視範囲表示領域10
可視範囲画像を表示します。可視範囲表示領域内の枠線を操作することによりカメラの操作を行います。

音声の配信は行っておりませんので、音声受信ボタン5をクリックしても音は聞こえません。
ズーム用の設定は行っておりませんので、ズーム用設定バー6を操作しても映像は変わりません。
プリセットの設定はしておりませんので、プリセット選択ボックス11を操作してもカメラ向きは変わりません。

ライブカメラの画面はJavaScriptを使用しております。JavaScriptの設定を有効にしてご覧下さい。

安藤ハザマ・松井・八神特別共同企業体
電子メールアドレス:hommaru@ad-hzm.co.jp
全てのお問い合わせにお答えできない場合もございますのであらかじめご了承ください。